室内空気環境が気になる方にお勧めする換気システム

安全で綺麗な空気を吸って暮らしたい

エアコンの強い風を受けるより自然な空気の流れが好き

床も、お風呂も、寝室もどこもあたたかくて新鮮な空気環境であってほしい

換気、暖房の大きな作動音は避けたい

結露やカビなどによるアレルギーなどのリスクを避けたい

焼肉やペットなど、家のにおいを極力減らしたい

3か月に1回のフィルター掃除は負担

自然のエネルギーを活かしたエコな家づくりをしたい

長期外出中、停電時、空き家の際でも換気は可動させて家の劣化を防ぎたい

 

といった家づくりに関する具体的なご要望、

あるいは、住宅の断熱・気密・換気・暖房のメカニズム

を自ら研究し、考えられた方々から、

 

パッシブ換気について知りたい

というお問合せをいただいています。

「パッシブ換気」と検索されると、当社の

住宅の換気は大問題! 「パッシブ換気」を解説【札幌】

が検索で上位表示されるためかと思います。

 

そのブログでは、

1 家を建てる方が断熱や予算、間取り、デザインなどには注目しても、換気に注目する方は少ないこと

 

2 家の中では水蒸気やにおいが増え続けること

 

3 機械換気は主流ですが、3か月に1回のフィルター掃除が必要で、それを怠ると結露やハウスダクト、換気不足などの問題を引き起こすこと

 

4 パッシブ換気はそれらの課題をクリアでき、多くの実績があること。

 

5 ただし住宅の断熱気密性能、そしてパッシブ換気に対する知識経験のある住宅会社でなければ実践できないこと

 

などをお伝えしました。多くの方が、その投稿を見られて当社にご相談いただいております。

ご質問・ご相談は

電話011-598-8872

問合せフォームは https://iezuki.jp/form.php

からお寄せください。

 

そして今回はおよせいただいたご質問の中からいくつかにお答えします。

質問1 パッシブ換気は高くありませんか?

回答 いえづきホームの場合、過去に施工させていただいた住宅はほぼ全てパッシブ換気です。換気計画、施工手順、部材の仕入れなどに至るまで、パッシブ換気を前提として家づくりを行っているため、余計なコスト負担なしにパッシブ換気を採用いただけます。安心してご相談ください。

 

質問2 給気部分の太い塩ビ管が地面から出ているのが美観的にちょっと・・・

回答 パッシブ換気は、屋外から新鮮な給気を取り入れ、地中の配管(アースチューブ)を通過する中で、年中一定温度の地熱を利用して冬は加温、夏は冷やしてから床下部分に空気を取り入れ、そこで暖房した後に家じゅうにもれなく空気を送ります。そのため、給気口が地面からにょきっと出ている点に違和感を持たれる方、あるいは除雪車に壊されてしまう、車の駐車などの際にその部分を傷つけてしまうケースがあります。塩ビ管が屋外で長期間雨風や紫外線などに晒され、劣化する恐れもあります。

 

そこでいえずきホームは、給気部分を、地面から飛び出す形ではなく外壁から出すようにしています。このほうが美観の面でも良いかと思います。

質問3 室内での部屋間の空気の流れはどの様にしていますか?

回答 パッシブ換気は室内全体にほぼ均一に空気がまわるように設計しています。その為に室内外部側の床にアップの床ガラリと中央付近にダウンの床ガラリを配置し空気が対流するようにして部屋とホールはドア下のカットを大きめにとり、空気の流れとプライベートを確保するようにしています。

 

そのほかにもいろいろなご質問、ご相談をいただいておりますが、ぜひ当社までお問合せいただければと思います。

 

フィルター掃除の負担がなく、新鮮でおだやかな空気の家で暮らせる。自然エネルギーを活用できる。埃も舞いにくく、掃除の負担も減らせる、留守中も停電中も換気ができる。住宅にも人にも優しい換気システムです。

 

連載

住宅の換気は大問題! 「パッシブ換気」を解説【札幌】

【施工事例】札幌市М邸 見どころは三角屋根・パッシブ換気・床下暖房・家事動線・内装など

【モデルハウス建設中】2000万円以下&高い次元でバランスがとれた家!(札幌市白石区北郷)

2000万円で良い家を建てる方法【札幌版】

断熱気密性能は工事品質次第

室内空気環境が気になる方にお勧めする換気システム