断熱気密性能は工事品質次第

札幌市白石区の住宅会社「いえずきホーム」の山本誠治です。今日は札幌市内で住宅建設中の現場を例に、現場で働く大工さんの仕事をレポートします。

こちらの現場は基礎、建て方、外装などの工事が終わり、気密、断熱などの工事が行われています。

住宅の省エネ性能、住み心地は家づくりの大切な部分です。住宅の断熱性能が高ければ光熱費の負担額が減る上に、どの部屋も、足元も、もれなく暖かくなります。そのためには外気に接する部分の壁、天井、基礎、窓などをしっかり断熱する必要があります。

 

上の写真で壁に施工されている断熱材は16キロの高性能グラスウールです。壁の厚みは105ミリありまして、その中に均一に、隙間なく、でも詰め込み過ぎず、キレイに収めることで十分な性能を発揮できます。断熱材を押し込む・詰め込んで納めるのは断熱性能が大幅に低下するのでNGです。寸法通りに断熱材をカットして施工することで良い性能を確保できます。

 

なお、この壁の外側には、同一の厚さならグラスウールの2倍の断熱性能のフェノールフォーム断熱材を50ミリ、付加断熱し、さらなる断熱性能の強化を図っています。

小屋裏部分にフェノバボードが見えています。このように、住宅をスキマなく断熱材で覆っています。

住宅の気密性能も大切です。気密性能が高ければ外気の侵入(すきま風)が防げるので室内の温度差や結露の発生などを防げます。また、室内から発生する水蒸気などが壁の中に侵入し、木材を腐らせたり、断熱材を劣化させたりすることも防げます。

 

そして気密性能が高ければ、家の中を計画通り、どの部屋ももれなくフレッシュな空気にするという計画的な換気が実現します。当社が推奨するパッシブ換気システムを機能させるためにも、気密性能が高い住宅が必要です。

断熱・気密に関しては、どのような断熱材をどの程度の厚みで採用しているか、といった材料、そして設計上のスペックよりも、実際にどのような施工をしたか、施工の精度の方が、断熱・気密性能に大きな影響を与えます。大切なのは現場の施工なんです。

 

大工さんの仕事は、以前に比べ、プレカット材なども導入されているので合理化された部分もたくさんあります。その一方で、住宅の耐久性や省エネ性能など、住宅性能に関する要求水準は数十年前に比べ大変高くなっているので、大工さんの仕事は緻密さが求められます。断熱気密などの知識、理屈を理解した上で、丁寧で正確な仕事が求められています。

この作業は、窓回りの気密工事です。壁に断熱材を施工し、高性能な窓を施工した後、室内側を気密シートで隙間なく施工していきます。特に注意が必要で気密の弱点になりやすいのは窓まわりなどの開口部です。

 

住宅完成後は、こうした断熱・気密工事の出来の良しあしは、壁の中に隠れてしまう部分なので目にはみえなくなります。しかし、こういう目に見えない部分こそ、住宅施工では大事なのです。

 

大工など、現場で施工を担当する技能者が、品質、性能の良い家を建てようという意識、責任感を持っていて、なおかつ、どのような施工部位が断熱・気密性能を確保する上で大事になってくるのかを理解していることが大事です。人間が手作業でやることですから、理屈や意味を理解していなければ、手を抜いてしまうこともありえるのです。

 

誰かに見られているときだけちゃんとする、ではなく、各技能者が、仕事に誇りをもって丁寧な仕事をする、そういった大工、技能者が必要なのです。

 

また、施工中の様子は工程ごとに撮影し、記録に残しますし、現場監督もしっかり現場の施工レベルを点検することで品質確保に努めています。

コンセントや照明のスイッチなど、壁の中に埋め込まれる部分も気密の弱点になりやすい。そこでこのように、気密性能を確保できる専用のコンセントボックスを壁に埋め込み、配線が通る穴はパテで隙間を埋め、コンセントボックスと気密シートは専用のテープで隙間なくつなぎます。電気工事の技能者と大工の連携で気密性能を確保しています。家全体で、屋外側に面する部分に設けるコンセントは20か所以上あります。

 

このあと、断熱、間仕切り、建具、階段、内装などの工事が続きます。一つひとつの工事を丁寧に、しかも段取りも良く進めていくことが大切です。

 

基礎、大工、断熱、内装、電気、左官、仮設などたくさんの業種が数か月の中で順序よく現場に入っていきますし、資材の搬入、ゴミの搬出、検査などもあります。住宅建設には工程管理、そしてチームワークが欠かせないのです。

連載

住宅の換気は大問題! 「パッシブ換気」を解説【札幌】

【施工事例】札幌市М邸 見どころは三角屋根・パッシブ換気・床下暖房・家事動線・内装など

【モデルハウス建設中】2000万円以下&高い次元でバランスがとれた家!(札幌市白石区北郷)

2000万円で良い家を建てる方法【札幌版】

断熱気密性能は工事品質次第

室内空気環境が気になる方にお勧めする換気システム